奥多摩エリア
◆◆◆奥多摩湖
奥多摩駅より、バス19分で奥多摩湖が一望できる展望台に着く。約6000本の桜は、里の桜が散った4月下旬が見頃となり、東京都下のダイナミックな自然を心ゆくまで楽しむことができる。都民の水源地であり「小河内ダム」の名でも知られている。源流は、多摩川上流の丹波川。山梨県の丹波村である。この地域は火山がなく、肥えた森林地帯で、涵養がよく、豊かな植物や鳥類・昆虫の宝庫だ。

春の奥多摩湖
◆◆◆白丸ダム
ここから奥多摩湖までは大型ヤマメの釣り場として、釣り人には人気のゾーン。
◆◆◆日原渓谷
奥多摩駅より、バス30分程で日原集落。小川谷には有名な日原鍾乳洞がある。
雲取山(2018m)や、六間谷などの水源を財とした大雲取谷や奥の深い長沢谷と合流して、日原川となる。
幽玄な山嶺を刻んで豊富な水量を誇る雄大な川は天然林に包まれ透明な冷水を多摩川に注ぐ。
山女魚、岩魚釣り場のハードなステージであるし、山登りの対象としても本格的なコースが多数あるスケールの大きな渓谷だ。
◆◆◆奥多摩 水と森のふれあい館
奥多摩湖の展望台、駐車場から徒歩で入れる資料館。奥多摩の自然や歴史を、最新のハイテク機器を用いて、体感的に楽しめる空間になっている。館内には、地元の味が楽しめるレストランや特産品が購入できる売店があり、奥多摩の観光拠点として愉しめる空間になっている。
◆◆◆もえぎの湯
JR奥多摩駅より徒歩10分。青梅街道氷川トンネルそば。緑につつまれた露天風呂は、多摩川を一望でき、山歩きや、川遊びで疲れた体をやさしく温めてくれる。泉質はフッ素泉。大広間や売店も併設されているので、温泉からあがったあと、ゆっくり生ビールを味わうこともできる。

BACK